ジュースにする素材

野菜、果物、基本的には、なんでもジュースにできると言っていいと思いますが、野菜は、生のまま絞ると、物によっては辛味、苦みが出ることがあります。
飲みやすいように果物や、牛乳と合わせると、まろやかになります。

ジュースは基本的には、生のままつくりますので、使う素材は新鮮であることが大事になりますが、毎日作っていると、あまり神経質になる必要もないと感じるようになりました。

また、レシピに水を入れることがありますが、ミネラルウォーターを使えばより良いと思います。

材料に豆乳を使う場合は、無調整のものでも、調整豆乳でもお好みのほうを使ってください。無調整と調整豆乳の違いは、甘みがついていないか、いるかの違いです。

使う素材は、冷蔵庫に入れて冷やしておいてから使ってください。

また、夏にジュースを作る場合は、素材を冷蔵しただけでは出来上がりがあまり冷たく感じません。真夏に飲むジュースは良く冷えたものを頂きたいですね。そんな時は、一緒に入れる牛乳や水をあらかじめ冷凍しておくと、出来上がりがぐっと冷たくなって美味しくなります。
製氷皿に注いで凍らせておきましょう。

仕上がりに甘みが欲しい時、当サイトではハチミツをレシピに載せていますが、オリゴ糖、黒砂糖、三温糖なども使えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする